日本リート投資法人

証券コード:3296

ENGLISH

ESGE(Environment)/環境への取り組み

  1. トップページ
  2. ESG
  3. E(Environment)/環境への取り組み

本投資法人は、長期的な投資主価値向上の観点から、環境への配慮が不動産投資運用業務において重要な課題であると認識し、保有物件の設備改修や運用改善等を通じて、環境負荷の低減に取り組んでいます。また、施設利用者の快適性や生物多様性にも配慮しながら、環境に優しい運用を目指します。

1.エネルギーマネジメント

1-1.前提

本投資法人は、サステナビリティ方針「1.省エネルギーと温室効果ガス排出削減の推進」及び「2.循環型社会の実現」に基づき、不動産ポートフォリオの環境パフォーマンス向上を達成するため、エネルギー・温室効果ガス削減目標を設定しています。本投資法人が資産運用業務を委託する双日リートアドバイザーズ株式会社は、不動産ポートフォリオのエネルギー効率向上を図るための運用方針を定めた「省エネルギーポリシー」と、低炭素化を図るための運用方針を定めた「温室効果ガス排出削減ポリシー」に基づき、本目標を達成するため、物件の運用改善、省エネ設備への更新、テナントへの省エネ啓発などの取り組みを実践していきます。

1-2.エネルギー使用量及び温室効果ガスの削減目標

サステナビリティ方針①・③

エネルギーの使用の合理化等に関する法律に則り、2016年度以降の5年間において年平均1%のエネルギー消費原単位及びCO2排出原単位の低減を基本的な目標としております。
サステナビリティ推進会議において、原則四半期毎に予実管理(実績値の目標に対する達成度合いの把握、前年度との比較・分析)を行います。また、第三者機関によるCO2削減ポテンシャル診断や省エネエネルギー診断等の結果を参考に、物件ごとの課題を特定し、改善しております。

                 
2016年度(基準年) 2017年度 2018年度 2019年度
エネルギー消費 原単位(MJ/㎡) 1520.45 1422.85 1252.37 1176.42
増減率(2016年度比) 0.0% -6.4% -17.6%-22.6%
CO2排出 原単位(CO2/㎡) 75.57 68.44 63.5057.14
増減率(2016年度比) 0.0% -9.4% -16.0%-24.4%
水消費 原単位(㎥/㎡) 0.82 0.78 0.720.76
増減率(2016年度比) 0.0% -4.9% -12.2%-7.3%
廃棄物量 無害廃棄物発生量(t) 2519.40 2864.00 2995.922664.95
焼却処理量(t) 1035.60 1348.60 1404.331130.82
リサイクル処理量(t) 1422.20 1514.50 1591.591534.13
リサイクル率 56.4% 52.9% 53.1%57.6%
energy_graph
co2_graph
water_graph
waste_graph

2.エンジニアリングマネジメントによる環境への貢献

2-1.節電

■ 2-1-1.LEDの導入

サステナビリティ方針①・②

led_before led_after

補助金制度等を利用しながら積極的にLED照明の導入を進めエネルギー削減に努めています。
共用部及び賃室等の一般的な照明器具及び非常用照明器具(誘導灯や非常灯)をLED化することにより、
電気消費量を削減すると共に、明るく過ごしやすい環境を提供しています。

LED導入実績 16物件 19.0%(延床ベース)

■ 2-1-2.水力発電を利用した電気配給(ラ・ベリテAKASAKA)

サステナビリティ方針①

ラ・ベリテAKASAKAで使用する電力のうち年間205,763kWh(100.0%)を水力発電による再生可能エネルギーでまかなっており、水力発電によるCO2削減効果は、年間95トンを見込んでいます。

2-2.節水

■ 2-2-1.節水器導入(FORECAST五反田WESTの例)

サステナビリティ方針①

複数物件において、トイレの便器に節水型装置を導入し、節水に取り組んでいます。節水効果のみならず、水を汲み上げるポンプの電気量削減及びCO2排出量削減にも貢献しています。

導入前 導入後 削減率
約18.0ℓ/回 約9.2ℓ/回 約48%
(注) 従前及び導入後のトイレ使用1台当たりの平均使用実績です。

3.ステークホルダーとの環境における協同取組

3-1.グリーンリース契約

サステナビリティ方針①・⑤

テナントとのグリーンリース契約を締結することにより、テナントと環境対策において相互に協力をしています。

グリーンリース契約とは?

ビルオーナーとテナントが環境負荷を低減するため
協同することを盛り込んだ賃貸借契約です。
省エネ改修工事の経済メリットを双方分かち合うことで、
ビルオーナーの投資負担を軽減し、環境性能に
優れたオフィスビルへの改修や運用改善を促す仕組みです。

greenlease

3-2.テナント及びステークホルダーとの環境における協同取組

サステナビリティ方針①・⑤

  1. 節電協力依頼文書の作成や節電マニュアルの配布、各階共用部への節電ポスターの配布等の省エネに関する啓発活動を行っています。
  2. ESG研修をプロパティマネジメント会社に実施し、日々の業務における環境への配慮の意識付けを促しています。
  3. ウオッシュレットのヒーター及び洗浄水温度を管理し、季節ごとに設定温度を調整しています。
  4. 給湯室電気温水器を管理し、季節ごとの設定温度を調整しています。
  5. タイマー制御、EMS、照明人感センサー等を用いるなど、共用部空調・照明の温度・運転時間を調整しています。

4.環境汚染防止

サステナビリティ方針③

本投資法人の不動産取得については、売買契約締結までに、専門家の調査により遵法性の確認を実施しています。また、土壌汚染やアスベスト等の特定有害物質の有無についても事前に調査を行い、自然環境に与える影響をリスクとして捉え、その回避に努めています。

このページの先頭へ